top of page

ClipRight

ClipRight version 1.2.0

クリップボードの画像に自動的にテキストを描画するツールです。
ターゲットアプリケーションを指定した場合、ターゲットのスクリーンショットにのみテキストを描画する事もできます。
​ファイナル某などのスクリーンショットに著作権表示が必要なゲーム等に活用してください。
(スクリーンショットを撮ると同時に著作権表示を入れ込めるため、そのまま X(旧 Twitter) 等に貼付できます)

1.2.0 で描画方式に変更があったため、それ以前からご利用いただいている場合は、
一度設定を開いて [OK] ボタンを押してください
​(画像データを再生成します)。

ClipRight0.png

左下に著作権を表す​テキストを描画したサンプルです

タスクトレイのメニュー

ClipRIght1.png

​設定画面

設定画面は初回起動時、またタスクトレイのメニューから呼び出せます。

​設定で描画するテキストの位置やフォントを指定可能です。

ClipRight2.png

プレビュー画像をクリックすると閉じます

ClipRight3.png

ターゲットアプリを指定できます。

​ターゲットアプリを指定すると、ターゲットが最前面またはマウスアップした位置がターゲットの場合のみ文字列が描画されます。

下記のいずれかの条件を満たす物をターゲットアプリとして認識します

・最前面にいる

・マウスカーソルの位置にある

・クリップボードを開いている(クリップボード用アプリ対応)​
 

​そのため Alt + PrintScreen キーを使った場合は、ターゲットを読み誤る可能性があります。

ClipRIght4.png

Copyright (c) pik, 2022.

bottom of page